ジンドゥー AI ビルダーの使い方(前編)

    ジンドゥー AI ビルダーの使い方(前編)

    ジンドゥー AI ビルダー(以下AI ビルダー)は新規登録をして様々な質問に答えていくと、AIが判断してあなたのWebサイトをある程度形にしてくれるところからスタートします。

     

    アシスタントから基本的な操作を学ぶことができますが、AI ビルダーではどんな操作でWebサイトを作って行くのかをざっくりご説明します。

     

    本記事ではパソコンでの編集を元にして説明をいたしますが、画面の表示が少し異なりますがスマートフォンでも同様の操作で編集ができます。 

    AI ビルダーでつくるWebサイトはブロックで構成されている

    AI ビルダーでは、1つのコンテンツのかたまりをブロックと呼び、数多く用意されいるブロックから最適なものを選んで追加、編集していくことでページを作成します。

     

     

    AI ビルダーではWebサイトでよく使われる構成のブロックが用意されているので「こんな感じに表示をしたい」というブロックがきっと見つかります。

    また、ブロックはAIビルダーのアップデートにより今後も便利なものが増えていきます。

    ブロックの追加

    ページを構成するブロックは、好きな位置に好きなブロックを追加することができます。

    ブロックを追加したい位置(ブロックとブロックの間)にマウスカーソルをもってくると「+ブロックを追加」というボタンが表示されるので、「+ブロックを追加」のボタンを押します。

     

     

    「+ブロックを追加」ボタンを押すと画面左に、ブロックの種類のリストと、その横にカラーとブロックのレイアウトリストが表示されます。お好みのブロックを選択し、カラーとレイアウトを選択すると、ブロックが追加されます。

     

    ブロックの変更

    一度配置したブロックは追加した時と同じ操作で、すでに配置したブロックのブロックやレイアウト(構成)、カラーを自由に変更することができます。

     

     

    とりあえずこれかなと思うブロックを入れてみて、あとから調整をしていくとイメージどおりのものが作りやすいかもしれません。

    ブロックのコンテンツ編集

    ブロックとレイアウトを選ぶと標準的な構成でブロックが追加されますが、ブロックの中のボタンやテキストなど、コンテンツ(要素)を予め用意された中から増やしたり減らしたりできます。

     

     

    特にボタンなどはコンテンツによって必要な場合と不要な場合があるので、表示/非表示をうまく使うと便利です。

    ブロックの編集

    配置したブロック内のテキストや写真、ボタンなど自由に編集することができます。

    編集できる箇所はブロックによって異なりますが、編集したいところをマウスでクリックすると編集ができます。

    テキストの編集

    変更したいテキストをクリックすると編集ができる状態になりますので、テキストを直接打ち替えます。またテキストの文字を太くしたり、文字の配置を変えるなどの装飾や文字をクリックすると他のページに飛ぶことができる、リンクを設定することができます。

     

     

    リンクは対象にしたい文字を選択した状態にすると、設定のボタンを押せるようになります。

    画像の編集

    画像の編集も同様に、変更や編集したい画像をクリックします。AIビルダーでは自分で用意した画像(写真)だけでなく用意された素材写真を利用することもできます。

     

     

    画像はフィルターをかけて色を調整したり、表示のサイズや位置などを調整できます。

    また、写真ではなくYouTubeなどの動画を埋め込むこともできます。

     

    カラムの編集

    カラムのブロックではブロック内のカラム(コンテンツ)の数を増やしたり減らしたりできます。

     

    編集した内容を戻したいとき

    ブロック内の編集だけに限らず、ページを編集していると間違えてしまうことがあります。そんなときは画面右上の「戻す」ボタンを押すことで編集を取り消して前の状態に戻すことができます。

    編集してみたけど前のほうがよかった・・・という時もご安心ください。

     

    ブロックの順番の入れ替え、複製、削除

    ページを作り込んでいくとブロックを追加するだけでなく、ブロックを削除したり順番を変更したくなることがあります。AIビルダーでは、ブロックの順番を入れ替えたり、削除が簡単に行えます。

     

     

    また、ブロックを複製することもできます。

     

     

    複製はすでにあるブロックのすぐ下に同じものを複製をしますが、ブロックをコピーして、好きな位置に貼り付けることもできます。

     

     

    ブロックのコピーと貼り付けは複製と違い、コピーしたブロックを他のページに貼り付けることができるので、同じブロックを他のページでも利用したい時に便利です。

    まとめ

    ざっとAIビルダーではどんな操作でWebサイトのページを作っていくのかをご説明しました。ブロックとレイアウト、カラーを選び、コンテンツを編集してページを作っていくのがAI ビルダーの基本となります。

     

    AIビルダーは予め用意されたブロックとレイアウトを利用することになるので、ジンドゥークリエイターのように自由にコンテンツをつくることはできませんが、統一感のあるキレイで見やすいサイトが簡単に作れるというメリットがあります。

     

    クリエイターはAIビルダーと比べ編集の自由度が高いので、AIビルダー、クリエイターの双方を触ってみて自分の好みにあう方を利用してみるのもよいかもしれません。

     

    後編では、サイト全体のデザインやカラー、ナビゲーションなどの編集をご案内します。