フォーム機能を使ってみよう

    フォーム機能を使ってみよう

    Jimdo の「フォーム」機能は、お問い合わせだけではなく、イベントやセミナーの受付、アンケートフォームまで作成できます。項目を増やしたり順番を入れ替えたりと、カスタムすることも可能なので、ぜひ覚えてくださいね。

     

    1. 用途に合わせて、カスタムできる「フォーム」機能

    まずは「コンテンツを追加」をクリックした後、「その他コンテンツ」をクリックします。

     

    「フォーム」というツールがありますので、クリックします。

     

    フォームを設定する画面が表示されます。

    このままでも使用できますが、せっかくなので編集してみましょう!

    2. 項目追加とフォームの種類

    フォームを追加する場合には、追加したいところにマウスを合わせて「コンテンツを追加」をクリックします。

     

    フォームに追加できる項目が表示されます。


    ①テキストエリア 名前や会社名、住所や郵便番号など、文字列を打つ入力項目を設置したいときに使います。
    ②メールアドレス メールアドレス入力用の項目を設置したいときに使います。
    ③日付 この機能を使うと、テキストエリアの横にカレンダーが表示されます。予約希望日の入力などに使用します。
    ④メッセージエリア 機能としては①と同じですが、入力エリアが縦に広くなります。メッセージやお問い合わせ内容など、長文の入力を想定した項目のときに使います。
    ⑤数字 ドロップダウン形式で、数字を選択させたいときに使います。
    ⑥ドロップダウンリスト クリックすると、ドロップダウン式で選択肢が表示されます。都道府県など、選択肢の項目が多いときに使います。
    ⑦ラジオボタン 複数用意した項目から、一つだけ選べる選択肢を作ることができます。
    ⑧シングルチェックボックス 一つだけチェック項目を設置することができます。規約への同意などに使用します。
    ⑨複数チェックボックス 複数選択ができるチェック項目を設置することができます。アンケートなどに利用できます。
    ⑩カテゴリータイトル フォームの途中に小見出しを入れることができます。一つのフォーム内で区切りをつけたいときに使います。

     

    これらの項目を組み合わせて、いろいろなタイプのフォームを作ることができます。

    å①から⑩まで使用したサンプルです。

    3. 項目を追加してみよう

    「コンテンツを追加」をクリックし、項目を追加します。ここではテキストエリアを選んでみました。

     

    ①テキストエリア テキストエリアをクリックすると、項目名が変更できます。
    ②必須項目 必ず入力してもらいたい項目の場合、ここにチェックをいれます。
    ③幅 入力エリアの横幅を「%」で指定できます。

     

    ドロップダウンリストや、ラジオボタン、複数チェックボックスを選ぶと、下記のように「選択肢」を設定する画面が表示されます。「選択肢1、選択肢2」を書き換えましょう。

    4. 順番の変更や不要な項目の削除

    フォーム内の項目は、順番を入れ替えたり、不要な項目を削除することもできます。

     

    ①ゴミ箱アイコン 項目を削除します。
    ②コピーアイコン 項目をコピーすることができます。
    ③+アイコン +のアイコンにマウスを合わせてドラッグすると、項目の順序を変えることができます。

    5. 受信するメールアドレスの変更

    フォームを設置すると、初期状態では Jimdo を開設する際に入力したメールアドレスに受信する設定になっています。フォームの編集画面の以下の箇所でメールアドレスなどを変更することができます。

    フォーム機能は知っていても、カスタマイズできるのを知らないという方は、案外多いのでは?記事の中にあるように、項目を増やすとアンケートフォームのように使うこともできます。ただし、「お問い合わせフォーム」として使う場合には、項目を増やしてしまうと入力する人が大変なので、ご注意を! 5~7項目ぐらいにすると良いみたい。