ホームページをもっとよくする!Jimdoワンポイント講座

ホームページをもっとよくする!Jimdoワンポイント講座

第42回目 「Jimdoアクセス解析を使ってみよう」

せっかく作ったホームページ、一人でも多くの人に見て、読んでもらいたいですよね。しかし「思うように表現できない」「うまく伝わらない」そんなケースが多いようです。このコラムでは、ホームページ作りに役立つ「ちょっとしたコツ」をご紹介いたします。
第42回目は 「Jimdoアクセス解析を活用しよう」をお届けします。

ルドルフ

ホームページを運営するようになって、何年もたつけれど、そういえば何人ぐらいアクセスしているんだろう・・・???


ルドルフ

ルドルフくん、今日もひとりごとが大きいわね!どうしたの?


笑顔アリーナ

あああ、アリーナちゃん!いつもホント、いいタイミングでありがとうね。実は、ホームページにどのぐらい人が来ているか知りたいんだ。


ルドルフ

それなら、Jimdoの「アクセス解析」を使えば簡単よ。解説するわね!


笑顔アリーナ

お願いします!


【Jimdoアクセス解析を活用しよう】

 

Jimdoの有料プランであるJimdoPro/JimdoBusinessには、「アクセス解析」の機能がついています。「アクセス解析」は、ホームページへの訪問者数やページビュー、モバイルからのアクセス割合などを確認することができます。スマートフォン用のJimdoアプリからも閲覧可能です。

 

(1)アクセス解析って必要?なにがわかるの?

 

「アクセス解析がついているのは知っているけれど、実はよくわからない」という声は少なくありません。一般的には、アクセス解析専用のツールをホームページに設置して使うことが多いのですが、Jimdoの場合は、最初からツールがついています。

 

JimdoPro/JimdoBusinessの有料プランのみになりますが、せっかくついているなら、活用しないともったいないですよね。

 

アクセス解析を使うと、ホームページに何人訪問していて何ページ見られているのか・どのページが人気があるのかなどがわかります。アクセス状況を数値で「見える化」できるこの機能は、ホームページの「健康診断」のようなものと覚えておくと良いでしょう。

 

アクセス解析の基本的な見方を覚えて、まずは自社ホームページの現状把握をできるようにしましょう。

【すべてのホームページ運営者にとって、アクセス解析が必要な理由】

もし、運営しているホームページが思うように機能していない・効果が出ていないと感じたとき、改善が必要ですよね。そこでどの箇所をどのように改善するか、案を立てるときに役に立つのが「アクセス解析」です。

例えば、「訪問者がきていなくて成果が出ていない場合」と「訪問者がある程度きているのに、成果が出ていない場合」では、改善の方法が全く異なってきます。そこで、アクセス解析を見ながらで社の現状を把握し、改善案を検討していきます。

 

やみくもに改善しても「結局、何の結果も出なかった」と、時間や予算の無駄になってしまうケースも少なくありません。特に改善する予定がなかったとしても、自分のホームページの「健康状態」を把握するために、ときどきチェックすることをおすすめします。

 

 

(2)Jimdoのアクセス解析を有効にしよう

 

アクセス解析をはじめて使う場合には「アクセス解析を有効にする」を設定します。すでに「有効」にしている場合は、(3)へ進んでください。

 

(1)「管理メニュー」の「パフォーマンス」をクリックします。

 

(2)「アクセス解析を有効にする」をクリックします。

 

(3)アクセス解析の画面が表示されます。

【時間をおいてから再度確認しよう】

アクセス解析を「有効」にした直後は、数字が表示されません。24時間ほどで解析はスタートしますが、ある程度データがたまってからの方がよい場合は、1週間、あるいは1ヶ月程度経過してから確認してください。

 

 

(3)アクセス解析を見てみよう

 

Jimdoのアクセス解析を見てみましょう。「管理メニュー」の「パフォーマンス」をクリックすると、アクセス解析の初期画面が表示されます。

①解析期間 解析期間を30日、7日、昨日の3パターンから選択できます。
②任意の期間 カレンダーから日付を選択して、任意の解析期間を設定することができます。
③訪問者数 ホームページに訪問してきた人数が表示されています。
④ページビュー 閲覧された総ページ数がわかります。
⑤モバイルページビュー スマートフォンやモバイル端末でアクセスしてきた人の割合です。
⑥グラフ 訪問者数とページビューが折れ線グラフで表示されています。マウスを合わせると、日ごとの数値が表示されます。

▼表の⑥、折れ線グラフの●にマウスカーソルを合わせた様子です。

【訪問者数とページビューの違い】

「訪問者数」はホームページに訪れた人の数なので、単位は「人」となります。一方、ページビューは、閲覧されたページ数になりますので単位は「ページ」です。一人の訪問者が3ページ閲覧した場合、「訪問者数=1(人)、ページビュー=3(ページ)」とカウントします。

数字の大きさで言うと ページビュー ≧ 訪問者数 となります。

 

「アクセスの多いページ」を見てみよう

 

アクセス解析の画面をスクロールすると、「アクセスの多いページ」が表示されます。ホームページの中で、人気のあるページがわかります。

 

「参照元」を見てみよう

 

アクセス解析の画面で、タブを「参照元」に切り替えてみましょう。どのホームページからリンクされてきたか(リンク元の情報)が表示されます。

【もっと詳しくアクセス状況を解析したい場合】

Jimdoのアクセス解析(PC版)で確認できる指標以外で、もっと詳しいデータを知りたい場合には「Googleアナリティクス」と接続して使用してください。(⇒接続方法はこちら

接続したあとは、Googleアナリティクスの画面で解析データを確認しましょう。Googleアナリティクスの見方については、別の機会に解説します。