[8/19 京都] JimdoCafe Meetup in ちおん舎

JimdoCafe Meetup in ちおん舎

夏の京都、畳の上で ホームページ改善の目線を体験するグループワークショップを開催します!

京都開催!参加無料 
実践で学ぶ!ホームページの改善方法」

  • ホームページを運営していてどう改善していけばいいんだろう?
  • 他の人はどう考えて改善していっているんだろう?

と思われたことはありませんか?

 

そこで今回は、Jimdoで作られ運営されている実際のホームページを「もっと良くする」という目線で話し合う、体験型グループワークショップセミナーを開催します。

 

会場でもある「ちおん舎」のホームページを題材に、想定している訪問者にどんな情報があればより嬉しいか、伝わるかなどをグループごとに話し合い、ちおん舎自体の探索を交えながら考えていきます。最後に簡単な改善提案をグループごとに発表し合います。

使うのは紙とペンと付箋。そして会場を見て回るみなさんの足と目です。パソコンは利用しません。
 

各グループにはメンター(指導・助言者)として、日頃からJimdoユーザーさんの相談などを多く受けているJimdoCafe 運営者や、JimdoExpertなど、Jimdoのプロが1名以上参加します。

 

客観的に他人のホームページを改善するという体験や、同じ目的のために出される他の人からの意見は、あなたのホームページに置き換えたときにも共通する気づきがあるはずです。

夏の京都。和の情緒あふれる会場で一緒にホームページ改善について考えましょう!

Jimdo Meetup in ちおん舎

開催日

2017年8月19日(土)

時間

14:15 開始 - 17:00 終了 (受付は13:50から)

途中お茶タイムなどの休憩も予定しています。

会場

ちおん舎

〒604-8202 京都府中京区衣棚三条上る突抜町126

定員 35名 申込先着順受付
参加費 無料 

イベントは終了しました。たくさんのご参加、ありがとうございました。

イベントの参加受付には、Doorkeeper を利用しています。
お申し込みにはDoorkeeper 内 Jimdo Event コミュニティ にご登録いただく必要があります。(登録無料)

◆メンター・進行

JimdoCafe 京都 / JimdoCafe 滋賀 / JimdoCafe 大阪・神戸 運営者 JimdoExpertなど、Jimdoのプロがメンターをつとめます。

もちろんJimdoJapanメンバーも参加します。

水野さん JimdoCafe 京都

◆得意な分野

  • Jimdoの基本操作
  • 情報のまとめ方

「ホームページについて人と一緒に何かする機会はあまりないと思います。ここで得た事をご自身のサイトで振り返ってくれたら嬉しいです。」

池田さん JimdoCafe 京都

◆得意な分野

  • Jimdoを使ったプロモーションのコツ

「ホームページの活かし方は私にご相談ください!」


山本さん JimdoCafe 滋賀

◆得意な分野

  • 目的を明確にした設計
  • コンセプトを各ページに反映

「別の人のサイトを客観的に見ることで、多くの気づきを得ることがあります。楽しくワークショップしたいと思います。」

光本さん JimdoCafe 滋賀

◆得意な分野

  • Jimdoの基本操作だけで出来る、ちょっとした工夫・配慮

「改善ポイントを押さえつつ、楽しく建物を探検し、皆さんのサイト改善のヒントをたくさん持って帰ってください。」

岡阿弥さん JimdoCafe 滋賀

◆得意な分野

  • 情報の整理
  • 写真の加工の方法

ご自身のホームページの問題点はわかりにくいと思います。今回のワークショップでご自身のサイトに活かせるお手伝いができればと思っています。」


河合さん JimdoCafe 大阪・神戸

◆得意な分野

  • 出逢いたい顧客に伝わるページにするための整理
  • 基本操作だけで成果が上がるコツ

「作り手の想いが伝わるホームページとなるように、参加者同士で高め合うコミュニティとなっている大阪と神戸…そのエッセンスを楽しく体感頂ければと幸いです♪」

野崎さん JimdoExpert

◆得意な分野

  • Jimdoの基本操作
  • ホームページの見直し

「Jimdoにかかわらず、日頃の素朴な疑問なんかもお気軽にお声がけ下さい。」

JimdoExpertの運営するJimdoのホームページ制作サービスのページです


JimdoCafeは JimdoユーザーがJimdoユーザーのために開いている 疑問や問題解決に一緒取り組んでいるリアルな場所のこと。運営者はJimdoのプロ。それぞれの場所ごとに個別相談・セミナー・交流会など 様々な内容で開催しています。
※JimdoCafeはJimdoJapanが面談・ヒアリングし、承認したところだけが利用できる名称です。

全国のJimdoCafe / 近畿地方のJimdoCafe


◆会場

ちおん舎 https://www.chionsha.com/

(株)千吉商店が京都・衣棚三条で運営する京町家。

伝統の智恵を現代の生活に生かすことにこの空間の「場」の力を利用したいと思いのもと、

学ぶ空間、集う空間、楽しむ空間、としての利用貸しなどを行なっている

JimdoCafe Meetupはその地域で、複数のJimdoCafe運営者とKDDIウェブコミュニケーションズが行うイベントです。
その地域ならではの内容や、地域特有の課題解決などを中心に企画を行なっています。

◆イベント振り返り

当日はA~Fの6チームに別れました。それぞれが「ちおん舎の運営舎」という仮定のもと、
まずちおん舎を運営されている西村さんから、この場所に込められた思いを伺った後、チームごとにホームページの役割と目的を決め、それを前提とした「ペルソナ(仮の人物像)」を設定し、その人の目線で、その人がホームページで目的に到達するための課題や知りたいことを洗い出し、さらに、フィールドワークとして実際のちおん舎をみて歩き、最終的にどう改善すれば、そのペルソナが行動に結びつくのかということをチームごとにまとめて発表を行いました。

 

下記はチームごとに設定した目的とペルソナを簡単に記載したものと、それぞれの発表に対して、メンターが良いと思ったところ、もっと深めるともっと良くなると感じた部分などをまとめたものです。

 

チームごとに様々な目的やペルソナとなりました。

チーム [A]
 目的  SNSなどでシェアをしてもらう
仮の人物
  • サニー(ニックネーム)
  • 45才 / OL / 女性
  • 日本文化が好きでボサノバが好き
  • 京都の町家でワークショップをやりたいと考えている
◆良かったところ

ネット間での拡散性に重きを置いており、シェアしてもらうことなど落とし所が具体的なことが良かった。

予約したくなるカレンダーの設置 / 予約状況をわかるように 場所の想いを知ってもらうため、Youtubeで語っている動画を掲載するというのが文章ではなく動画という生の声の目線は、イベント最初にオーナーの思いを知ったからこその発想かと思う。思いを知って伝えたくなったことが反映されていて良かった。

もっとしていくと良いと感じたところ

次の段階として、伝える順序についての検討 や ページ配列についての検討をして行くとうまく繋がりそう


チーム [B]
 目的  イベント利用を増やす
仮の人物
  • 真希子
  • 40才
  • クリエイター、作家、ジャズシンガー
  • 好きな音楽ジャンルはジャズ
  • 既婚(子なし)
◆良かったところ

[スペック]にフォーカスしている(広さ・飲酒・音漏れ・パーキングなど)ところ。

具体的活用例の提示により使いたくなる人の確保する可能性があった。

イベント開催日の使用方法をしっかりと考えている。

利用者が不安に思う点が明確で、問い合わせフォームカスタマイズなど改善点が具体的だった。(使用時間・カレンダーなども)

ペルソナの設定が具体的だった。主催者として必要な情報などの着眼点

もっとしていくと良いと感じたところ

スペックに偏り気味。ページの全体構成があるともっと良い。


チーム [C]
 目的  問い合わせを増やす。(イベント参加、会場レンタル)
仮の人物
  • 剣崎琴
  • 53才
  • IT会社勤務
◆良かったところ

ターゲットが具体的だったこと、文字の大きさ、申し込みボタンなど、ペルソナの設定に合わせた「配慮」も改善点として上がっていたことが良かった。

対応する人として運営者の顔が見える情報掲載や、ターゲットに届けるために、利用目的の見える化、掲載方法などを具体的に考えていた点も良かった。

もっとしていくと良いと感じたところ

興味をもたせたい、という意欲は明確なので、スペックに関連する情報に対する配慮をもっと深めて行くと肉付けができそう。


チーム [D]
 目的 予約と問い合わせを増やす
仮の人物
  • 42歳
  • 生け花の先生
  • 休みはドライブ
  • ジーンズ/カジュアルファッション
◆良かったところ

ターゲットの設定が独特だったが、それに合わせたペルソナも具体的で、レンタルスペースとしての予約を取るという事業であることを重視して着目していたことが良かった。なので、知りたいことが具体的だった説得力があったと思う。

SEOの本質を追求している点も良かった。

もっとしていくと良いと感じたところ

ペルソナが欲しい情報は上がっているので、ホームページ全体の見え方についての改善点、不安に思う情報をどう追加して行くのかなど、を次のフェーズでは考えて行くことができれば、より深められそう。


チーム [E]
 目的

・京都への友人との旅行プランを立てるため、観光する場所と体験できる場所をネット検索し、ちおん舎のサイトにたどり着くよう検索上位表示。

・行くに値する場所か写真や周辺観光地を確認後、イベントの申し込みをする。

仮の人物
  • 白鳥 千代子
  • 48才 / 東京在住
  • 京都好き
  • 子供中高生(手が離れている)、夫は理解有、友人多い(食事や旅行)、文化芸術に関心有、本物志向、プチセレブ、インスタ・SNSに写真アップ。
◆良かったところ

オーナーの人柄にフォーカスしてオーナーのYoutubeで思いを伝えるなどは、この日実際あって話を聞いたからこそ見えてきた伝えたいコンテンツの一つだったのでは。目的をはっきりと伝えているのもいい点だった。

ただのスペースレンタルではなく、観光地として打ち出そうとしているアイデアがあった。

東京在住。町家らしさ、地域含めての付加情報と、遠方から知らない人が行こうと思った時に、時間と労力を使って「行く価値があるのか」を伝えるコンテンツを抑え用としていた。

もっとしていくと良いと感じたところ

観光地という付加情報は面白いアイデアですが、ペルソナの設定が遠方の「観光」とすると反復利用・近隣の人への訴求力が落ちるので、その辺りどこを目的にするかの明確化とともに検討する必要があるかもしれない。

次の段階で、ページの構成の「伝わり方」を考えるとよくまとまりそう。


チーム [F]
 目的

ちおん舎へのと問い合わせを増やす(特にレンタルスペース)

仮の人物
  • 大西かな子
  • 55歳
  • いけばなの先生 / 趣味は中国楽器・二胡、友人との会話 
◆良かったところ

ターゲットコピー / キャッチコピーの両面から考え、作っていることが素晴らしかった。利用する人の気持ちを細かく配慮していて、借りたくなる情報などにしっかりと着目していた。

ターゲットが明確だったので、ペルソナと合わせて、書の強み、売りを明確に、どういう場所なのかを明確にするという着眼点でまとまっていたキャッチコピーの重要性をよく理解しているチームだった。

もっとしていくと良いと感じたところ

利用すると決めた人への情報訴求は素晴らしかったので、利用を検討している人に、利用してしてみたいと思わせる訴求をもっと付加するとさらに良くなりそう。


Jimdoはご自身でホームページを作成できる分、なかなか客観的に見返すことが難しかったり、伝えたい想いが多くてうまくまとめられないという課題を抱えているかたも多いのではないでしょうか。

ペルソナという簡易的ではありますが、目的に到達してほしい誰かを作り込むことによって、客観的にページを振り返ることができますし、グループワークにて同じ目的に対して意見交換を行うことで、自分だけでは思いつかなかった発想が得られたのではないでしょうか?

 

ぜひこの体験をご自身のページ改善に繋げていただければと思います。