ホームページをもっとよくする!Jimdoワンポイント講座

ホームページをもっとよくする!Jimdoワンポイント講座

第18回目「ファイルダウンロード機能を使ってみよう(2)」

せっかく作ったホームページ、一人でも多くの人に見て、読んでもらいたいですよね。しかし「思うように表現できない」「うまく伝わらない」そんなケースが多いようです。このコラムでは、ホームページ作りに役立つ「ちょっとしたコツ」をご紹介いたします。
第18回目は「ファイルダウンロード機能を使ってみよう(2)」です。それでは、スタート!

笑顔アリーナ

前回は「ファイルダウンロード機能を使ってみよう」ということで、基本的な操作方法を解説したわね。


ルドルフ

うん!イベントのチラシもバッチリ掲載できたよ。ただ、ダウンロードの動作じゃなく、ブラウザの中で表示させたい場合がわからなくて・・・。アリーナちゃん、お願いします!


笑顔アリーナ

その方法なんだけど、残念ながらJimdoの基本機能だけではできないので、外部のツールを使って設定する方法を教えるわね。


【外部のツールと連携して、Jimdo内に表示させてみよう】

前回は、Jimdoの「ファイルダウンロード」という機能をつかって、PDF形式のイベントチラシをアップロードする方法を解説しましたが、「ダウンロード」という動作ではなく、ブラウザの中にPDFファイル等を表示させたい場合がありますよね。

Jimdoの基本機能ではできないのですが、外部のツールと組み合わせることで可能になります。そこで今回は「Dropbox」「Googleドライブ」を使った設置の仕方を解説します。PDFデータだけでなく、Jimdoの「ファイルダウンロード」機能で、サポートされていないファイルをアップロードしたい場合にも利用できます。

※Dropbox、Googleドライブは、無料で使用できるクラウドサービスです。(有料版もあります)

 

(1)Dropboxを利用するための準備をしよう

 

Dropboxを使用する前に、パソコンへインストールしておく必要があります。すでに、Dropboxのアカウントを持ち、パソコンにもインストール済みの場合には、「(2)Dropboxを使ってJimdoからファイルにリンクを貼ろう」から始めてください。

Dropboxとは?

Dropboxは、文章や写真データ等をインターネット上に保存できるサービスです。同じアカウントを使って、パソコン、スマートフォン、タブレットなど、いろいろな環境からアクセスすることができる他、第三者とファイルの共有をすることもできます。

(2)Dropboxを使ってJimdoからファイルにリンクを貼ろう

 

Dropboxの準備が終わったら、ファイルをアップロードしてJimdoへ表示させてみましょう。
すでにアカウントを持っている場合は、ログインしておきます。

1)タスクトレイの「Dropbox」アイコンをクリックし、フォルダを開きます。
※すでにDropboxフォルダが開いている場合は、2)へ進んでください。


2)アップロードしたいファイルを選んで、右クリック⇒「コピー」をクリックします。


3)Dropboxフォルダ内に、右クリック⇒「貼り付け」でファイルをコピーします。


4)Dropbox内にファイルをコピーしたら、右クリック⇒「Dropboxリンクを共有」をクリックします。


5)タスクトレイに、共有中のメッセージが表示されます。

これで、Dropbox側の設定は完了です。


6)Jimdo側から、Dropboxのファイルにリンクを貼る作業を行います。

Jimdoにログインをし、「コンテンツの追加」から「文章」を選択します。


7)リンクを貼るためのテキストを入力します。

ここでは「ラーメンイベントのチラシはこちら」と入力しました。


8)入力したテキストにリンクを貼ります。

リンクボタンをクリックし、「外部リンクかメールアドレス」のタブをクリックします。

 

9)右クリック⇒「貼り付け」を選択し、4)でコピーしたアドレスを貼り付けます。


10)「リンクを設定」⇒「保存」をクリックします。


リンクが設定できました。


11)設定したリンクをクリックして確認してみましょう。ブラウザ内で、ファイルが表示されるようになりました。

 

事例ではPDFファイルにリンクを貼っていますが、WordやExcelあるいは、Jimdoの「ファイルダウンロード」機能でサポートされていないファイルにもリンクを貼ることができます。

(3)Googleドライブを利用するための準備をしよう


Dropboxを使ったファイルアップロードの設定について説明しましたが、Google ドライブを使って同様のことができるので、解説していきます。すでにGoogleドライブを開設済みの場合は、「(4)Googleドライブを使ってJimdoからファイルにリンクを貼ろう」からスタートしてください。


Googleドライブとは?

Googleが提供するクラウドサービスで、Dropboxと同様文章や写真データをオンライン上に保存することができます。同じアカウントを使って、パソコン、スマートフォン、タブレットなど、いろいろな環境からアクセスすることができる他、第三者とファイルの共有をすることもできます。

【Googleドライブを利用するために必要なもの】

●Gmail(ジーメール) ※Googleが提供する無料のメールアドレス
 Gmailアドレス作成方法:https://support.google.com/mail/answer/56256?hl=ja

●Googleドライブのアカウント ※Gmailを使って無料開設することができます。
 Googleドライブのページ:https://www.google.com/intl/ja_jp/drive/using-drive/
 Gmailのアカウントにログインしたまま、上記のアドレスをクリックし、表示された画面の右上に表示される「Googleドライブにアクセス」をクリックしてください。

それぞれの契約・開設方法は、Google公式ページに紹介されていますので、記載したアドレスをクリックし参照してください。

(4)Googleドライブを使ってJimdoからファイルにリンクを貼ろう


Googleドライブの準備ができたら、ファイルをアップロードしてJimdoへ表示させてみましょう。

1)Googleドライブにアクセスします
ログインする画面が表示される場合には、(3)で取得した(あるいは既に取得済みの)Gmailメールとパスワードを入力してログインします。


2)左側に表示される「新規」というボタンをクリックし、「ファイルのアップロード」をクリックします。


3)アップロードしたいファイルを選択し、「開く」をクリックします。


4)アップロードが完了したら、右クリック⇒「共有」を選択します。


5)「リンクを知っている全員が閲覧可▼」という表示になっていることを確認した後、「リンクを取得」ボタンをクリックします。


「リンクを知っている全員が閲覧可▼」になっていない場合は、「▼」をクリックして切り替えましょう。


6)完了ボタンをクリックします。


7)Jimdo側から、Googleドライブのファイルにリンクを貼る作業を行います。

Jimdoにログインをし、「コンテンツの追加」から「文章」を選択します。


8)リンクを貼るためのテキストを入力します。

ここでは「ラーメンイベントのチラシはこちら」と入力しました。


9)入力したテキストにリンクを貼ります。リンクボタンをクリックし、「外部リンクかメールアドレス」のタブをクリックします。


10)空白のボックスに、右クリック⇒「貼り付け」を選択し、4)でコピーしたアドレスを貼り付けます。


11)「リンクを設定」⇒「保存」をクリックします。


リンクが設定できました。


12)設定したリンクをクリックして確認してみましょう。ブラウザ内で、ファイルが表示されるようになりました。

 

事例ではPDFファイルにリンクを貼っていますが、Dropboxと同様にWordやExcelあるいは、Jimdoの「ファイルダウンロード」機能でサポートされていないファイルにもリンクを貼ることができます。

輝くルドルフ

できた!できたよ、アリーナちゃん!


ウインクアリーナ

バッチリね。状況に合わせて、使いわけてみてね。


まとめ

Jimdoの基本機能で実装できなかったことも、DropboxやGoogle ドライブなどの外部ツールを使うことにより可能になります。今回ご紹介したクラウドツールは、どちらも無料で利用できますので(有料版もあり)、ぜひ活用してみてください。


ルドルフの小言

泣くルドルフ

ホームページを良くしていくのってなかなか難しいよね。

詳しい人に相談できるといいんだけど・・・


ウインクアリーナ

そんな時はJimdoCafeがオススメよ!

JimdoCafeのことは、ここのページを見てみて!

▶︎▶︎ Jimdoユーザーの駆け込み寺「JimdoCafe」